蛙吹梅雨 風のウィッグ 製作

スポンサーリンク

‪こんにちは、いちのせです。‬

久しぶりの更新です。

‪先日、ツイッターにて‬
‪僕のヒーローアカデミア 蛙吹梅雨 風の
ウィッグをセットし、‬写真を乗せたところ、‬
‪予想より反応があってびっくりしました。‬
‪ありがとうございます。‬

‪せっかくなので、‬
‪備忘録がてら作り方を書いておこうと思います。‬
もちろんヒロアカ非公式です。

‪知人に写真を見せながら口頭説明をする予定で、‬
‪ある程度写真を残していたものの、‬
‪ブログにまとめるつもりはなかったので、‬
‪曖昧な部分が多い上、‬
‪写真は少なめかつ分かりにくいですが、‬
‪参考程度に見て頂けると幸いです。‬

‪※あくまで自分はこうした、という例です。‬
‪私は専門家ではありませんし、‬
‪もっと効率の良いやり方や
綺麗な作り方もあるかもしれません。‬
‪大前提として、
私はとても手先が不器用かつズボラです。‬

また、当制作方法は、以前、他のレイヤーさんが、
別のキャラクターで同様のやり方をしておりました。
ざっくりやり方を聞いたものが、
ぼんやりと記憶に残っていたため、
今回は下記のブログも参考にしつつ、
形に起こしたものとなります。
そのため、どこかに同様のやり方で
詳しい説明があるかもしれません。

形を作る点において、‬
‪ウィッグ専門店エアリーさんのブログを
参考にしました。‬
‪ウィッグアレンジ☆マギ~練紅玉編 その2~‬
基本的な作り方は一緒なので、‬
‪一度目を通して頂けると‬‪説明が楽になります。(他力本願)‬

便宜上、独特な髪型部分を「リボン」と表記します。‬

‪使う材料
‪・毛束(ロング) ‬購入時、在庫がなかったため、
ベースウィッグと同じ色のバンスを使いましたが、
便宜上毛束と表記します。‬
‪ちなみに、バンスを解く際に
めちゃめちゃ絡まって大変だったので
正直オススメしません。‬。
‪・荷造りテープ(以下、テープ)‬
‪透明のやつです。ダイソーにあります。‬
‪・針金‬
‪幅は覚えてません(すみません)。 ダイソーにあります。‬
‪・木工用ボンド(以下、ボンド)‬
‪文具店で購入。ダイソーのやつでいいと思います。結構使う。‬
‪・アラビックヤマト(以下、のり)‬
‪文具店で購入。最近ダイソーにもあることを知りました。 ‬
‪・メジャー‬
‪あると楽。なくても可。テープを切る際に使うとわかりやすいです。‬

‪事前に不要な紙で‬
‪リボンの大きさをどのくらいの大きさにしたいか、‬
‪作成し、長さを測っておくと楽です。‬

制作方法

‪⑴テープの幅程度に毛束を切ります。‬
数ミリ大きめくらいでちょうど良いです。

‪⑵ テープを必要な長さより少し長めに切ります。‬
‪リボンの結び目が来る真ん中で切ってもよし、‬
‪一本に繋げてもよし。‬
‪ここでは一本に繋げて製作しました。‬

‪⑶ 針金をテープと同じ長さに3本切り、間隔を開けて並べます。‬

‪⑷ ⑵と同じ長さのテープを切り、貼り合わせます。‬

‪端は多少汚くても大丈夫です。‬
‪リボンの結び目に当たる部分で隠れます。‬
‪一本の長いテープで製作する場合、‬
‪ここで真ん中に何かしらの印を付けておくと良いです。‬
‪※⑹で使用‬

‪⑸ ボンドを塗ります。‬
‪…今思うとこんなに塗らなくてもよかったのかもしれません。‬
‪要調整願います。‬

‪⑹ 毛束を貼ります。‬
‪私は両端から毛束を二枚重ね、真ん中から一枚貼りました。‬
‪器用な方ならば、一枚ずつで良いかもしれません。‬
‪半分ずつ製作する場合は両端から一枚ずつ、‬
‪または片側から一枚貼ってください。‬
‪多少テープがはみ出しても最後に目立つ部分は切ってしまえば問題ありません。‬

‪⑺ 少し乾かします。‬

‪⑻ ⑴〜⑺の手順で結び目部分の制作を行います。‬
‪テープ幅3倍くらいでOKです。‬
結び目部分の長すぎる毛束はカットしてください。

‪⑼ ⑺が生乾きくらいになったところで裏返し、‬
‪裏も同じように毛束を貼っていきます。‬
‪こちらには両端から一枚ずつ貼りました。‬
‪ ⑻も同様に貼ります。‬

‪⑽ 半乾きくらいになったところで、‬
‪細かい調整をしつつ、のりで平らにならします。‬
‪また、⑹ではみ出してしまった部分は‬
‪この時にハサミでカットしてください。‬

‪⑾ リボンの形を作ります。‬
‪針金が入っているので案外簡単に形が作れると思います。‬

‪⑿ 結び目の部分も止めます。‬
‪リボンと結び目の接着部分はボンドで固めます(*)。‬


⒀ 完全に乾かして完成です!‬

‪*製作時、固定方法を考えておりませんでした。‬
‪固定用のピン等を入れる際はこのとき仕込んでおかないと‬
‪後から固くて入らなくなりました。‬
‪私は結び目の外にバレッタピンを接着する予定ですが、‬
‪固定方法については試行錯誤中のため、‬
‪確実なものをお答えすることはできません。‬
‪申し訳ございません。‬

‪ですがこの作り方…、‬
‪ボンドとのりを使用しているため、‬
‪水に弱いのが難点です。‬

いつか、梅雨ちゃんで水撮影してみたいので、‬
‪いずれ改良の余地ありですね。‬

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク